トップページ >社会> JALとANAが日本?台湾間の直接運航開始=日中国交正常化以来初

JALとANAが日本?台湾間の直接運航開始=日中国交正常化以来初

日本?台湾間の航空路線で、日本航空(JAL)と全日本空輸(ANA)が直接運航に乗り出す見通しになったようじゃ。1972年の日中国交正常化に伴う日本と台湾の断交後、中国への配慮もあって日本の航空会社は75年以降、台湾便で子会社名の運航を続けとったが、JALやANA名で乗り入れる方向で最終調整しとるようじゃ。中国も黙認するとみられ、ちこぉ発表される日台民間航空取り決めに盛り込まれる見通し。

 JALとANAは中国便じゃぁ直接運航しとるが、台湾便はJALが75年から日本アジア航空、ANAは94年からエアーニッポンっちゅうそれぞれの子会社が運航しょぉったんじゃ。

 かつちゃぁ台湾からの便は羽田に乗り入れ、中国からぁ成田へと、空港も分けとったが、現在、日中台の経済交流が盛んに行われとることから空港の区分けを解消したんじゃ。直接運航についても、実態にあわせて中国側が容認する環境が整ったっちゅうことじゃ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071027-00000000-mai-soci

Page Top ▲