トップページ >> 初代・若乃花の隠し子(花田河成)が花田家の暴露本「花田家の隠し子」出版!

初代・若乃花の隠し子(花田河成)が花田家の暴露本「花田家の隠し子」出版!

初代・若乃花の隠し子が、とうとう花田家のおぞましい暴露本を出版するげな。問題の隠し子は、花田家の一員になれんまま二子山部屋で8年間を過ごした元力士の花田河成(かわなり)氏(35)っちゅう・・・ハッピーメール



花田河成は、初代・若乃花こと花田勝治と韓国人の愛人との間に誕生してガキのようで、韓国名をパク・ウチャンっちゅうらしぃんじゃ。


暴露本の内容は、花田勝氏(36)と美恵子さんの離婚騒動や若貴の兄弟間のいざこざについて、かなり赤裸々に明かしとるっちゅうことだ・・・エキサイト恋愛結婚



花田河成は、藤島部屋に入門し、1歳年上の若乃花の付き人を務め、97年に廃業したっちゅうことじゃ。


その後も、故二子山親方の世話で飲食店にしばらく勤務するやら、二子山の全盛期から崩壊までを内側から見てきたのじゃ。


この著書(左上の写真)じゃぁ、昨年に二子山親方の墓参りにしっかり訪れた際、汚れ果とった墓石や異臭にがく然としたエピソードまでもが紹介されとるっちゅう・・・ライブドア運営の結婚支援サイト youbride




(以下、引用記事)
---------------------------------------------

初代・若乃花隠し子が「花田家暴露本」

故二子山親方(元大関・貴ノ花)の兄で「土俵の鬼」とうたわれた初代横綱・若乃花の花田勝治氏(79)の隠し子による告白本「花田家の隠し子 アボジと呼ばせて…」(主婦と生活社)が、9日に発売される。著者は韓国人女性(66)との間に生まれ、花田家の一員になれないまま二子山部屋で8年間を過ごした元力士の花田河成(かわなり)氏(35)。花田勝氏(36)の離婚や若貴の確執について赤裸々に明かしている。 72年7月、民族音楽の演奏家として来日した韓国人の母と勝治氏の間にソウルで生まれた。韓国名をパク・ウチャンといい、養子縁組をして13歳で来日。当時の藤島部屋(93年に二子山部屋と合併)に若貴の1年後輩として入門。養子先の「住田」をしこ名に初土俵を踏んだ。  入門後は1歳年上の若乃花の付け人を務め、97年に廃業。その後も故二子山親方の世話で飲食店に勤めるなどし、二子山の全盛期から崩壊までを内側から見てきた。  著書では、昨年に二子山親方の墓参りに訪れた際、汚れ果てた墓石や異臭にがく然としたエピソードを紹介。若貴の確執が表面化した際に、若関が「アイツ(貴関)ちょっと狂ってるからさぁー」と平然と言い、全く悩んでいるそぶりがなかったことを赤裸々に告白。美恵子さんとの離婚劇の予兆として、結婚前に美容師の女性と別れ話がこじれた時の様子に触れ「美恵子さんが女性問題に相当頭を悩ませていたのは確かでしょう」としている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071108-00000048-spn-ent

---------------------------------------------


Page Top ▲