トップページ >> 働きマンを読んでの感想

働きマンを読んでの感想

働きマンを読んでみての感想。
一言で表すなら・・・ハッピーメール


あーっ、働きたーい!!
何よりも「働かなくちゃ」そう思える一冊でした。

主人公・松方弘子は週刊誌の記者で、まるで廃人になったかのようにエネルギーを消尽するほど働く女性。
どうしてそうなるかというと、仕事モードに突入する“男スイッチ”が入ると、松方は仕事を3倍のスピードでこなし、その間は睡眠も恋愛も、仕事以外すべてのことをシャットアウトするため。
そりゃ廃人になるわな・・・(笑)

そして、こんな松方と正反対な、田中という男がいる。
田中とは松方の後輩で、できるかぎり、可能なかぎり働かないでおこうと考える。

そんな田中が、松方にこういった。
「オレは『仕事しかない人生だった』 そんなふうに思って死ぬのはごめんですね」

その田中に対して松方は
「それもある それも多分あって 確かにそのとおり でもあたしは 仕事したな――って思って 死にたい」

この漫画を読むことで反省し、いまやっている仕事を、見つめ直そうと思いました。

きっと見つめなおすことで、松方のように「仕事していて最高に気持ちいい瞬間」がやってくると思う
その瞬間をぜひとも味わってみたい!!

この漫画で、やりたくない「張り込み」の仕事を中途半端にして、やりたかった「大好きな作家の担当」に心を奪われている記者に、編集長が説教する。
「振り向いてるヒマなんかねえんだよ いつだって真剣勝負なんだから まず目の前の仕事だろ」と。

こんなことよりもあれがしたいのに・・・。
そこまで辿りつきたいのなら、今目の前にある仕事を真剣にこなすこと、それが一番大切だと思う。
おもった通りにならない。でもそれも仕事。それが仕事。

最初から自分の好きなようにやれるなら、誰も努力しない。
努力してこそ「仕事していて最高に気持ちいい瞬間」に出会えるんだと思う

この働きマンという漫画は、前向きになれるパワーをくれる漫画だと思いました。
是非読んでみてください!!

Page Top ▲