トップページ >> 「探偵ガリレオ」を読んでみよう

「探偵ガリレオ」を読んでみよう

今度月9でドラマ化される「探偵ガリレオ」。

広末亮子さんが出演した秘密を書いた原作者でも知られている、東野圭吾さんの作品です・・・ハッピーメール

天才的頭脳を持った大学助教授が、友人刑事が毎回、持ち込む解決が難しい難事件を次々に解決していくストーリーです・・・衝撃!攻略される瞬間をモザイク無しで大公開!

この小説の題名「探偵ガリレオ」は、次々の難事件していく天才物理学者湯川学に対して、友人刑事の捜査一家の仲間が湯川に付けた愛称を小説の題名にしたと言われています。

また、ガリレオ湯川本人はその名前を気に入ってないようです。
この「探偵ガリレオ」の見所と言えば、湯川学を友人で刑事の草薙俊平が難事件を持ち込み巻き込んでいくところです。
私から見るとこの難事件を解決する湯川も凄いですが、普通の殺人事件が難事件になってしまう話もあるので面白いです。

そして、犯人達の人物像や動機などを見ると、現代社会でも起こり得るような設定も人気の1つかもしれませんね。
犯人達を始め、被害者・関係者の人物像は、主婦やホステス、会社員など私達の近くに居そうな人物か多いです。
この小説を通して、いまの現代社会を物語っているようです。

そして、一つ一つの事件が短編集になっているので読みやすく、主婦など忙しい人でも一作ずつ読む事が出来ますね。
「探偵ガリレオ」だけではなく、続編となっている「予知夢」や「容疑者Xの献身」など「探偵ガリレオ」と全く違った事件なので読み応えもあります。
皆さんも1度読んで楽しんでみてはいかがでしょうか。

Page Top ▲