トップページ >> クリスマスキャンドルとカップキャンドルについて

クリスマスキャンドルとカップキャンドルについて

小さなカップに入ったキャンドルがあります。
そのキャンドルはカップキャンドルと呼ばれています・・・ハッピーメール

ホテルのレストランなどで以前からよく使われているものです。
小さいながらも燃焼時間が長く、その上使い終わればカップごと使い捨てが出来るので便利なキャンドルです。
燃焼時間は4時間前後のものが多いようです・・・衝撃!攻略される瞬間をモザイク無しで大公開!


レストランなどでは、開店から閉店までが4時間くらいなので、開店時に火を灯せば閉店まで持つ、というところにもレストランで使用される理由があるようです。
クリスマスキャンドルとしてディナーの際に使用するには、4時間もあれば十分ではないでしょうか。

透明のプラスチックのケースやガラスに入っていることが多いようです。
大きさ自体が小さいのでカップキャンドルをシェリーグラスの中に入れることができます。
シェリーグラスではなく、もっと大きなガラスのキャンドルスタンドに入れることもできます。
大きなガラスの中に入れるほど、美しい光になるようです。
大きく囲むガラスのキャンドルスタンドであれば、そのガラスがホヤの代わりにもなるので、豊かな感じになるようです。
また、場所もとらずにたくさん並べることもできます。
ディナーに時に食前酒にカップキャンドルを添えてもてなせば、いつもと違った雰囲気を楽しむことが出来るはずです。
カップキャンドルをテーブルクロスの色に合わせて、同系色のものを選んでみたらしょうでしょうか。

このキャンドルは普通の雑貨店や通販でも販売されているので、手軽に手に入れることができます。
今年のクリスマスキャンドルはカップキャンドルを選んでみてはどうでしょうか。

Page Top ▲