トップページ >> 漫画の演劇化について

漫画の演劇化について

現在週間少年ジャンプで連載中の漫画「BLEACH」ですが、人気漫画にはよく見られるように、アニメ化や、劇場版アニメ化、ゲーム化などもされています・・・ハッピーメール

アニメ化や劇場版アニメ化は人気漫画にはつきものにも思えますが、「BLEACH」の場合は演劇化もされています・・・衝撃!攻略される瞬間をモザイク無しで大公開!


正確にはロックミュージカル化で数々の「ロックミュージカルBLEACH」が公演されて来ています。

漫画のミュージカル化(演劇化)というと少し珍しい事にも思えるのですが、ロックミュージカル「BLEACH」以外に演劇化された漫画にはどの様なものがあるのでしょうか。

まず秋元治の「こちら葛飾区亀有公園前発出所」は演劇化された事があるそうです。

そして彩花みんの「赤ずきんチャチャ」、池田理代子の「ベルサイユのばら」は宝塚が演劇化した事でも有名です。

また樹なつみの「OZ」、今市子の「百鬼夜行」、岸本斉史の「NARUTO」、久米田康治の「かってに改蔵」、車田正美の「聖闘士星矢」、許斐剛の「テニスの王子様」、さいとうちほの「少女革命ウテナ」、清水玲子の「月の子」、竹内直子の「美少女戦士セーラームーン」、田島昭宇の「多重人格探偵サイコ」、手塚治虫の「火の鳥」、「ブラック・ジャック」、「陽だまりの樹」、「アドルフに告ぐ」、「リボンの騎士」、「七色いんこ」、「ブッダ」、「どろろ」、富樫義博の「HUNTER×HUNTER」、萩尾望都の「トーマの心臓」、「半神」、「11人いる」、「メッシュ」、藤子・F・不二雄の「SF短編集」、松本零士の「銀河鉄道999」、「1000年女王」、美内すずえの「ガラスの仮面」、峰倉かずやの「最遊記」、モンキー・パンチの「ルパン三世」、大和和紀の「あさきゆめみし」、「はいからさんが通る」、吉田秋生「BANANAFISH」などが演劇化されています。

演劇化された漫画のタイトルを見る限り、古い作品の割合も多く、そんな中でも「BLEACH」は最近の劇場化された漫画作品の代表ともいえるのではと思いました。

特にストーリー的にも演劇化は難しい物にも思えますがそこを演劇化した所も注目できる点だと思いました。

Page Top ▲