トップページ >> イスラム圏の年賀状について

イスラム圏の年賀状について

年賀状といえば日本特有の物のようにも思えますが、「新年の挨拶」は世界共通の文化なようです・・・ハッピーメール

外国に年賀の挨拶を送りたい場合は、やはり先方の国情や宗教などへの気配りが必要です・・・衝撃!攻略される瞬間をモザイク無しで大公開!


国によってカレンダーが違い、太陽暦の1月1日が新年になるとも限らないです。

偶像崇拝が禁止されている宗教ではもちろん人物や動物の絵柄を避けなければなりません。
先方の事情がよく分からない時は、季節の挨拶として送ります。

ここで世界の中でも、イスラム圏の年賀状を見てみます。
イスラム暦の第9月は断食月ラマダンです。
マホメットがアラーからコーランを授かった祝福の月で、ひと月の間イスラム教徒は日の出から日没まで断食をし、節制した生活を送ります。
新年のお祝いではないですが、ラマダン明けに盛大な祭りが行われます。
「ラマダン明けおめでとう!」という意味の賀詞が交わされるそうです。

ここで当然の事ではありますが、キリスト教と対立するユダヤ教・イスラム教の人にクリスマスカードを送る事は禁物とされます。

イスラムではラマダン明けの賀詞がありますが、外国語の賀詞には他にどの様なものがあるのでしょうか。

まず英語は「Seasons Greetings and Best Wishes.」年末年始のご挨拶を申し上げ、ご多幸をお祈りします、「Best Wishes for the Holiday Season.」よい休暇をお迎えください、「Merry Christmas and Happy New Year!」素敵なクリスマスと幸せな新年をお迎えください、中国語は「祝新年快楽」、ロシア語は「新年おめでとうございます」という意味の賀詞、フランス語は「素敵なクリスマスと幸せな新年をお迎えください」という意味の賀詞、スペイン語は「幸せなクリスマスと新年をお迎えください」という意味の賀詞となっています。
海外の年賀状は新年に前もって、よい1年でありますように、とお祝いする事が多いようです。

色々な国に年賀の挨拶がある中で日本も年賀状の文化など失わずに残っていくと良いと思います。

Page Top ▲