トップページ >> クリスマスキャンドルに関する知恵

クリスマスキャンドルに関する知恵


クリスマスキャンドルにはさまざまな使い方があります。クリスマスキャンドルはテーブルやリビングだけで使用するものではないと思います 例えば、ガーデンにクリスマスキャンドルを灯してみましょう・・・海外旅行へ

これまで見慣れたガーデンとは、違った雰囲気になることでしょう。ガーデンにキャンドルを灯す時、ガーデンに最適なキャンドルがあります・・・衝撃!攻略される瞬間をモザイク無しで大公開!


それは、シトロネラという柑橘系のオイルが配合されたキャンドルです。甘く、レモンのような香りがするのが特徴です。この匂いが、虫などを寄せ付けないのだそうです。

虫などが寄ってこないにで、安心してガーデンでも食事ができるということです。ベランダやガーデンに灯せば、ガーデニングや食事、夏であればキャンプなどでも利用できると思います。

ただ、クリスマスは冬ということで、寒いのであまりガーデンで使用しないと思いますが、覚えておくといいかもしれません。

クリスマスキャンドルの灯りが小さいときがあります。キャンドルの炎を大きく見せる方法があります。キャンドルの背面や下にアルミ板等を敷くことで、炎を大きく見せることができます。

アルミ板に炎が映り込み、反射することによって炎が大きく見えるのです。小さな台の上にクリスマスキャンドルを置きたいが、台自体があまり大きくないため、大きなクリスマスキャンドルは置くことができない。

だけど、クリスマスキャンドルの灯りを大きく見せたい、という時には、アルミ板を利用してみるのもいいかもしれません。

Page Top ▲