トップページ >> 年賀状の書き方1

年賀状の書き方1


今年の年賀状みなさんはどんなものを書かれるでしょうか。
毎年の事で慣れもあり今さらかもしれませんが、今回は年賀状を書く上での基本的なルールのようなものを見て行きたいと思います・・・海外旅行へ

まず文面(裏書き)の基本的なルールは、新年のお祝いの言葉「賀詞」を頭に入れる、あいさつやお礼などの謝辞、相手の幸福を祈り、変わらぬ友誼を願う言葉、日付は必ず入れるようにした方が良いようです・・・衝撃!攻略される瞬間をモザイク無しで大公開!

そして宛名は、縦書きの場合は番地や部屋番号は原則として漢数字、宛名には必ず敬称を付ける事が必要です。
一般的に個人宛は「様」、会社、団体などは「御中」、医師、恩師などに送る場合は「先生」とつけ「様」は不要です。
また「殿」は年賀状では一般的ではありません。

そして年賀状の返事はすぐにすることが大事です。
1月2日以降の場合は登校日の日付を書きます。
お礼や遅れたお詫びなども書く事が良いです。

また「賀詞」などは相手や関係によって使い分ける必要があるようです。
例えば恩師や取引先には「謹んで念頭のご祝詞を申し上げます」、「謹んで年始のご挨拶を申し述べます」、「謹んで新春のご祝詞を申し上げます」。
会社の上司には「謹賀新年」、「恭賀新年」、「新春のお喜びを申し上げます」。
友人や知人などには「あけましておめでとうございます」、「新年おめでとうございます」、「新春のお喜びを申し上げます」、「賀春」、「賀正」、「迎春」、「謹賀新年」、「A Happy New Year!」などがあります。
「賀正」、「迎春」、「賀春」などの簡略化された言葉は改まった相手などには使わないほうが無難です。

年賀状の基本的な書き方をもう一度見直すのも色々な場面でも役立つことだと思います。

Page Top ▲