トップページ >> 歌姫、宇多田ヒカルについて

歌姫、宇多田ヒカルについて


「歌姫」として記憶に新しい人物に宇多田ヒカルが思い浮かぶ人は多いのではと思います・・海外旅行へ

TBS金曜ドラマ「歌姫」は昭和の歌姫ですが、平成の歌姫とも言える宇多田ヒカルについて気になる所です・・・衝撃!攻略される瞬間をモザイク無しで大公開!


宇多田ヒカルの代表曲といえば「Automatic」、「Movin‘onwithoutyou」、「FirstLove」、「AddictedToYou」、「CanYouKeepASecret?」、「FINALDISTANCE」、「taraveling」、「光」、「SAKURAドロップス」、「COLORS」、「誰かの願いが叶うころ」、「BeMyLast」、「Passion」、「KeepTryin’」、「ぼくはくま」、「FlavorOfLife」、などがあります。これらの楽曲は驚異的な売り上げを見せミリオンや、トリプル・プラチナ、ゴールドなどを獲得しています。アルバムは「Precious」、「FirstLove」、「Distance」、「DEEPRIVER」、「ULTRABLUE」など。

1983年1月19日、アメリカ合衆国ニューヨーク生まれ。歌手というよりシンガーソングライターの方がふさわしい人物ではといえます。愛称はヒッキーで身長158cm、A型。コロンビア大学を中退しています。尊敬する歌手はフレディ・マーキュリー。

好きな言葉は「着の身着のまま」、「諸行無常」、「不愉快だ帰る!」、「むにゃむにゃ」、特技は、パソコンの早打ち、テトリス、我慢、左右の右の独立運動、体が柔らかく床にぺたっと開脚できる事などです。こんなことから彼女のキャラクターが少し垣間見える気がします。

最新シングルは「BeautifulWorld/Kiss&Cry」で、エヴァンゲリヲン新劇場版のテーマソング、日清カップヌードルのテーマソングとなっていることなどからも、注目されるシングルとなっていると思います。

金曜ドラマ「歌姫」の展開とともに「平成の歌姫」宇多田ヒカルの今後の活躍も気になる所です。

Page Top ▲