トップページ >> 「BLEACH」とアフターダークの真相!

「BLEACH」とアフターダークの真相!


テレビアニメに主題歌はつき物ですが、週間少年ジャンプで連載中の漫画「BLEACH」、アニメ化に伴って現在までに数々の主題かも発表されてきました・・・ハッピーメール

そんな中でも「BLEACH」のオープニングを飾るオープニング主題歌に注目してみたいと思います。中でもアニメ第144話から流れている「アフターダーク」について、これはどの様な音楽なのでしょうか?・・・衝撃!攻略される瞬間をモザイク無しで大公開!


「アフターダーク」を歌うのはASIAN KUNG_FU GENERATIONというグループです。この曲は2007年11月7日に約一年ぶりにリリースされたニューシングルで、闇を切って飛び立つような疾走感溢れる曲になっているそうです。

同時に「由比ヶ浜カイト」もシングルに収録されておりこちらの曲は「アフターダーク」とは対照的な曲になっています。

ASIAN KUNG_FU GENERATIONの「アフターダーク」以前のシングル曲としては2006年に「或る街の群青」、「ワールドアパート」、「ブルートレイン」、「君の街まで」、「リライト」、「ループ&ループ」、「サイレン」、「君という花」、2003年に「未来の破片」とリリースが並んでいます。

CDアルバムは2003年の「崩壊アンプリファー」、「君繋ファイブエム」、
2006年の「フィードバックファイル」など7枚ほどリリースされているようです。

ASIAN KUNG_FU GENERATIONはボーカル&ギター後藤正文、ベース&ギター山田貴洋、ドラム伊地知潔、ギター&ボーカル喜多健介からなるグループで、結成は1996年の大学の音楽サークルだったそうです。

2002年に初の正式な音源となるミニアルバム「崩壊アンプリファー」をリリースし、このミニアルバムが2003年に再びリリースされ、同年5月に初のワンマンライブを下北沢SHELTERで行います。

その後ライブやアルバムのリリースを続け現在に至ります。

音源以外に、「春か、遥か。」、「ゴッチ記録―GOTCH GO ROCK!―」、「夏、無限。」3冊の書籍も発売されており、書籍からもASIAN KUNG_FU GENERATIONについて分かることがありそうです。

アニメ「BLEACH」最新のオープニングテーマ曲を歌うASIAN KUNG_FU GENERATIONですが、アニメと併せて聴いても個別に聴いても魅力ある曲を歌っているのではないでしょうか。

Page Top ▲