トップページ >> 喪中の年賀状

喪中の年賀状


家族などに不幸があった場合、めでたい行事などもそれに併せて控えたりしますが、その中でも喪中・年賀欠礼状、喪中はがきがあります。
これは一年以内に近親者に不幸があった場合、年賀状の交換を辞退する旨を伝えるもので、忌明けまでの期間を忌中、死後の一年間を喪中としています。
喪中の家ではめでたい行事を慎みます。
喪中の人は年賀状が来そうな相手にその事を知らせる為に相手が年賀状を準備する前に喪中、年賀欠礼状を送る事になります。

喪中はがきは年賀状を交換している人全てに出します。
相手が喪中で、自分が出す前に喪中はがきを貰った場合も喪中はがきを出します。

一般に自分を中心とした一親等(父母、配偶者、子)と、生計を共にしている二親等(祖父母、兄弟姉妹、孫)にあたる人に不幸があった時喪中はがきを出す習慣があります。

喪中はがきは、相手が年賀状を準備する11月中旬頃から12月初めに届けます。
遅くても年賀特別郵便取扱が始まる前に届けるようにします。
行き違いになってしまった場合は、喪中の知らせが遅れたことを詫び、年賀状を相手から貰う分には差し支えの無い事を述べると良いそうです。

喪中はがきの書き方としては、文面に亡くなった人との続柄を明記する事、父親の服喪の場合、「年賀」は使用せず「年始」「年頭」「新年」とし、誰がいつ亡くなったか明記し、母親に不幸があった場合喪中はがきの文例としては「年の瀬を迎えて何かとご多忙なことと存じます。さて本年○月に母を亡くしました。喪中でございますので、新年の賀詞を失礼いたします。」などがあります。

年賀状を書くにあったって色々なマナーが必要かと思いますが、喪中はがきもやはり年賀状を書く上での大切なマナーのひとつだと思います。

Page Top ▲