トップページ >> 年賀状とは

年賀状とは


秋も深まり寒い季節になると、お正月も近づいてきます・・・ハッピーメール
お正月というと何が思い浮かぶでしょうか?お正月らしいもののひとつとして「年賀状」があります。

年賀状とは、新年に新たに送られる郵便はがきやカードを用いた挨拶状で、日本の文化です・・・衝撃!攻略される瞬間をモザイク無しで大公開!

新年を祝う言葉を持ってあいさつし、旧年中の感謝と、新しいとしに変わらない厚情を依願する気持ちを添える内容が多い年賀状ですが、親しい間柄の相手には近況を添えたりする場合も多いようです。

日本には新年の年始回りの行事がありますが、それが行えない遠方の人などへの年始回りの代わりとして年賀状が始まったそうです。
そのため本当は元日に年賀状を書いて投函するはずなのですが、いつの間にか元旦に配達するという習慣に替わっていました。
そのため郵便局での作業の関係上、12月20日くらいまでには投函してくださいというアナウンスがされるのも毎年の行事の様になっています。
しかし、社会環境の変化などから投函のピークはだんだんと遅くなって来ているそうです。

年賀状用として年賀はがきが毎年11月から発売されるため、これを年賀状に用いる事が多いと思われます。

郵政において、年賀状は「年賀特別郵便物」という取り扱いになります。
その取り扱い期間は12月15日から12月28日で、その期間中に「年賀」と赤色で示された郵便物は、あらかじめ区分したうえで宛先を管轄する配達局に送付し、同じ場所で1月1日まで保存されるサービスです。

年賀はがきや印面下部に年賀と赤色で示されたはがきなどを郵便ポストに設置された専用投入口に投函した場合消印は省略される仕組みになっています。
年賀特別郵便物取り扱い期間中に出された、切手貼りの年賀状と、差出人から特に依頼のあった場合は翌年1月1日付けの「年賀印」という消印が押されます。
同様の郵便物の場合でもそれ以降に差し出されると当日付けの消印になります。
近年は携帯メールの普及などもあり、年賀状の習慣は年々衰えているそうです。

特に若い層に顕著に現れており、日本の代表的な新年の風習も失われていくのかと思うと残念な気がします。

Page Top ▲