トップページ >> なぜ、ジョニー・デップが六本木に!?

なぜ、ジョニー・デップが六本木に!?

1月8日、六本木ヒルズアリーナにて映画『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』のジャパンプレミアが行われ、来日した主演のジョニー・デップと、ティム・バートン監督がレッドカーペットに登場した・・・もっと詳しく

映画『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズで火のついた“ジョニー・デップ人気”はとどまることを知らず、この日も会場となった六本木ヒルズアリーナには、整理券を求めて前日夜からの徹夜組が出るほどの熱狂ぶり・・・衝撃!攻略される瞬間をモザイク無しで大公開!

そんな中、この日の午後に成田空港に降り立ったときとは一転、おなじみの“ジョニデ・スタイル”を封印し、白シャツに黒のスーツ、髪もヒゲも整えた至ってフォーマルな装いのジョニー・デップが登場すると、辺りには悲鳴がこだまし、騒然とした雰囲気に。

あまりの歓迎に驚き、レッドカーペットとは反対の沿道へと歩み寄って予定にはないサインを始めるジョニー・デップに関係者が慌てふためく一幕もあり、予定を超える約50分間のファンサービスが行われた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080109-00000006-flix-movi&kz=movi

Page Top ▲