トップページ > 2009年06月

金融庁のFX規制強化に投資家ら猛反発のニュースの光と影

金融庁のFX規制強化に投資家ら猛反発のニュースばいってことばい。

月100万円儲ける私のFXノート

個人投資家に人気の「外国為替証拠金取引(FX)」で、金融庁が2009年夏からの実施ば目指すレバレッジの規制強化に猛反発が起きとってゆう。

預けたお金の何倍の取引がでくっかば示す「証拠金倍率(レバレッジ)」の上限ば現在の無制限から段階的に25倍まで引き下げる措置で、数100倍もん売買がでくっギャンブル性の高か取引ば制限すっとが狙いってことばい。

FX業者や投資家からは「投資は自己責任が原則」と反対の声が殺到しとっだけでなく、自民党内にも規制強化に否定的な声が多かてゆう。

個人投資家約2700人ば対象に調査したところ、91%の投資家が「20〜30倍」へのレバレッジ規制強化に反対したごたっばいってことばい。

FX取引では、たとえばたい例ばあげればたい10万円の証拠金ば預けると、倍率が25倍なら250万円、500倍なら5千万円の取引がでくってゆう。

倍率が高かと損失もふとうなり、損失が証拠金の一定額に達すっと、強制的に取引ば解除し損失ば確定させる「ロスカット」の仕組みが設けられとっばってんが、追加の証拠金ば差し入れ、損失がどんどん膨らむこともあるごたっばいってことばい。

こんため、金融庁は投資家保護の立場から規制強化ば決め、5月下旬に引き下げ案ば公表したごたっばいってことばい。

具体的には、業界の反発に配慮し、当初1年間は現状維持とし、そん後1年間は50倍、2年後から25倍に引き下げるてゆう。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090620-00000103-san-bus_all

Page Top ▲

米原汚水タンク女性殺人事件、不倫の上司男を逮捕って最高!?

米原汚水タンクおなご性殺人で、不倫関係にあった上司の男ば逮捕したごたっばいってことばい。

稲川淳二の超こわい話 怪 2 / 稲川淳二

滋賀県米原市伊吹の汚水タンク内で、派遣社員、小川典子さん(28)が遺体で見つかった事件(米原汚水タンクおなご性殺人事件)で、米原署は任意で事情ば聴いとった米原市坂くちん会社員、森田繁成容疑者(40)が、小川典子さんば殺害した疑いが強まったとして殺人容疑で逮捕したてゆう。

森田容疑者は小川典子さんと同じ工場で働いており、不倫の交際ばめぐってトラブルになっとったとごたっばいってことばい。

森田容疑者は大手部品メーカーの社員で、小川典子さんが派遣されとっ滋賀県の高月町内の工場に勤務しており、妻子がいるにもかかわらず、数年前から小川典子さんと不倫交際しとったてゆう。

米原汚水タンクおなご性殺人事件後、小川典子さんが所有しとった2台の携帯電話のうち、親しい知人用の1台がなくなっとったとばってんが、通信記録のごたっとから森田容疑者が浮上しとったごたっばいってことばい。

司法解剖の結果のごたっとによると、小川典子さんは頭ば工具のようなもけんで、顔ば素手で執拗(しつよう)に殴らるっのごたっとしたうえ、瀕死(ひんし)の状態でタンクに投げ込まれ、汚泥ば飲み込んで窒息死したてゆう。

汚水タンクは、米原市の農道脇の地中に埋め込んであり、現場にきには血液反応があったほか、小川典子さんが乗っとったと代車の鍵や、マスカラ、たばこ、髪の毛のごたっとが散乱していて、さらに近くの雑木林からは血の付いた靴も見つかっとったとごたっばいってことばい。

Page Top ▲

1